8月22日火曜日   THE 集中!!!!!

お疲れ様です、3年渡部です。テレビでインターハイを見ていたら僕のクラブ時代の後輩が100Frで3位になっていました。僕がいたころは僕よりも小さかったのに今では180cmを超えて、怪物になってしまいました。地元の愛媛国体で見るのが楽しみです。
それでは、今日のメニューです。

w-up 200 free
25*16 IMO 35”
Kick 200*3t 1,3Fr,2tIM 4’
Pull 100*6 50IMO/50Fr 1’45”
Kick&Swim IM 75*8 25Kick-50swim 1-4form 5-8HHE 1’30”
Swim 100*1 50*1 25*1 4set 1,2t IM-Fr 3,4t Fr-S1
 H-H-E 1’30-1’00-1’00
Esay100
Drill
Kick$swim 50*2 1’
Scull$pull 50*2 1’10
Drill$swim 50*2  1’ 2set
Swim 100*4 H/E-H*2  2’00
Down 400

です。今日は和方先生のメニューでした。そのためかいつもとは違う雰囲気でありいつも以上に緊張感がありました。それからスゲエしんどかったです。
1つ目メインは、1本目のIMから突っ込みました。そうすると2本目から死にました。いつもは腕と足から死に始めるのですが今日は腹筋から死に始めました。まあ最初から突っ込めたのでよかったです。
2つ目メインは、最初の50Hが31秒かかってしまったので残念でした。それでも最後が死んで1’08秒かかりました。明日からも作ってくださるということなので、少しでも食らいついていきたいと思います。
3年前期も終わってきりがいいので大学での水泳を振り返ってみようと思います。
僕の大学水泳は端的に言うと伸び悩んだというのが正直な感想です。高校時代は試合数も少ないこともあってかすべての試合でベストを出し、100Frでいうと7秒くらい速くなりました。流石に大学では7秒も伸びないと思っていたけど、ここまで伸びないとも思っていませんでした。実際今年の夏の試合の100Frは高3の自分に負けてしまいました。入部する時2年後の自分が高校の自分に負けているとは思ってもいませんでした。短水路では100Frが56秒台、200Frが2分6秒くらいは出せるだろう、と勝手に思っていました。周りにもそう言われるし、じぶんでもそう思っていました。まあ、水泳はそこまで甘くはないということなんだろうと思います。試合の度にいつも「今日もベストでなかったな。」とか「週6回の練習で自分はなにをやってきたんだろうなぁ。」といつもダウンしながら考え込んでいました。そうこうしているうちに嘗ては自分より遅かったY野にも勝てなくなったし、同じレベルにいたI田とH井も先に全国公を切ってしまいました。(改めておめでとう!!!)そんな中で自分が高校時代の自分と競っていると考えるとすごく情けなく悲しい気分になります。M崎が水泳部の全体LINEであげたQUST良ブログで、森田さんのブログを読むと「結果のついてこない努力は努力じゃない。」と書かれていました。この言葉をみるとこの言葉が胸に突き刺さるような気分になりました。水泳部で入部してからやってきたことがすべて無駄だったんじゃないのか?とさえ思ってしまいました。まあ、さすがにそんなことはないと思うんですけども。実際、練習中のタイムは高校時代よりも速くなっています。何故か大学に入ってから本番に弱くなってしまいました。
と、まあこんな感じです。水泳をやってる以上速くなりたいですよね。今度ある裏インカレは久々に50にでます。あと100。今度こそベストを出したいです。
それではこの辺で失礼します。
“UP”
関連記事
スポンサーサイト
 

コメント

コメントの投稿

  • URL
  • コメント内容
  • password
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://qust.blog.fc2.com/tb.php/832-029ee3e0