12/24(日) 幹部を引退してから、、、@吉松

ちわーーーっす!!

明日はクリスマスですね!
皆さんいかがお過ごしですか?


関口家ではクリスマスパーティーが開かれるそうですね!ぼっちで寂しく過ごす人は是非行ってみてください!関口サンタさんがステキなプレゼントをくれるはずですよ~!☺






僕は行きません。




申し遅れました、クリスマスは彼女とイエス・キリストの生誕を祝う、4年吉松です。



今日は練習してみんなでご飯食べた後、明日渡すクリスマスプレゼントを買いに行きました!喜んでもらえるといいな~


それでは今日のメニューです!!

W-up 400 skps
25×4 scull
Kick 150×4 2’30-3’00
IMO no board with Fin
normal-上下逆-normal by50m
Pull 100×4 1’40-2’00
IM slide Des
Loosen 100
Swim 50×4 1’00 IMO form
50×8 1’00 IMO/2t
odd: hard-easy/25m
even:easy-hard/25m
Loosen 100
Swim 50×4 IMO Dive MAX!
100×1 IM Dive MAX!
Down 400


久しぶりの箱崎全体練でした!IM中心で、ラストは2個メベストが同等の人で組を分け、タイムを取りました!
普段その人では見ることがない泳ぎを見ることができ、新鮮でした。
また、今日は福岡大学から溝口勇くんが来てくれ、QUSTのトップ層との白熱したバトルが見られました。彼の泳ぎから学ぶ点があったと思います。
僕自身、泳ぐのは1週間ぶりで、年末の暴飲暴食で太りつつある体を絞る、健康維持的なノリで練習に行ったのですが、最後のDiveは近藤が隣のコースで、なんだかんだ燃えました。(ラストIMは僕の圧勝)

まぁ、今日の感想はこんな感じです。


夏ごろからブログをいつ書くか考えてたのですが、冬季短水路が終わり、自分の中で一区切りついたので引退ブログなるものを書かせていただきます。(本当は試合前に書きたかったのですが、時間がありませんでした。ご了承ください)

すごく久しぶりにブログを書くのですが、前回ブログを書いたのは、幹部中の学選前でした!
なので、幹部を引退してからの自分を振り返りたいと思います。(先に言っとく、長いよ😅)


幹部を引退してからの僕には2つの大きな思いがありました。

1つ目は残りのQUST生活で後悔を残さないことです。

僕は入部したときから1フリで1分を割ることを目標としていました。しかし、同期の千葉や関口と比べても水泳に深く向き合っていたわけでもなく、練習もサボりがちで、なあなあに生活していました。

幹部を引退し、練習に参加するもしないも本人の自由、全ての行動が自己責任という状態になったとき、当初から掲げていた目標を果たすことなく終わるのは一生悔いが残ると思い、水泳を続ける決断をしました。


そこからは水泳に対しての取り組み方を変えました。
それまで全くしていなかった筋トレを始めました。
ほぼ毎日家で体幹やストレッチをしました。
バイト中に馬鹿みたいに懸垂をしました。(早良市民プールだからこそなせる技)
トップスイマーの動画やネット記事を見て泳ぎの研究をしました。
身体の使い方のコツなど、宮崎に何度もアドバイスをもらいました。
練習メニューの意図を考えたり、本番のレースを想定して練習に臨んだりしました。



おそらく、そんなことするのは当たり前だろって思った人もいるでしょう。
他にも気をつけていることがもっとたくさんある人もいると思います。
残念ながら僕はそれができていませんでした。


でも、自分で考えながら水泳に向き合うと、どんどんどんどん水泳が楽しくなってきました。(かなり遅め)
ほとんど使命感で練習に行ってた幹部時代には味わえてなかったことです。

主体的に取り組むって大事なことですね。

試合で結果が出なくてすごく落ち込むことが何度もありましたが、翌朝には気持ちを切り替えることができていました。


就活や研究などの理由で、練習や試合に参加できない時期もあり、長く時間が掛かりましたが、、、、

先日の冬季ジュニアでようやく生涯ベストを出し、目標の1分を割ることができました!!㊗🎉


前回のSC大会での反省を活かし前半から突っ込めたこと、SC大会後思い切って呼吸の向きを変えキックの止まる時間を減らせたこと、強化練によって体力が向上したことが要因だと思います。




とにかく
すごく、すごく、嬉しかった。



そして、先日の凌のブログの内容と被りますが、メンバーや和方先生が自分のことのように喜んでくれたこと、ダウン中におめでとうと声を掛けにきてくれたことが、なによりも嬉しかった。

思わずみんなの前で号泣してしまいましたが、水泳人生で嬉し涙を流したのは初めてです。(ちなみに他人のレースだと、2年時の七帝の千葉の2ブレ、今年の九国の宮崎の2バタでは泣いたことあります笑)


ほんと、良い経験させてもらったわ~



みなさん、それぞれ目標はあると思います。
特に3年生! 宮崎インカレ、小野生涯ベスト、実崎2バタetc.

チャンスがある限り挑戦し続けてほしいです!





1つ目から話が長くなりましたね(笑)
2つ目いきます。


僕はQUSTの、幹部を引退したらポツリと姿を消す現象が嫌いです。
部員を1年~幹部+幹部引退した人っていうように分ける考え方も嫌いです。

勿論、人の人生なのでどう行動するも自由ですし、色々な考え方があると思うのですが、
僕は、入部してから幹部を引退するまでに培った経験を後に還元していくのが部活だと思うし、部活は1年~4年全員で作っていくものだと考えています。


だから、僕は幹部引退後もQUSTに役立ちたい・深く関わりたいという思いがありました。


1年前、OBのおしゃクソ眼鏡こと萩原先輩が、
「10年後、20年後も強い九大水泳部を作りたい」と仰っていました。
この言葉を初めて聞いたのは、僕が2年生の2月頃(2年だけど牛タンたかってた笑)だったのですが、当時は「そんな先まで考えられるってすげえなぁ。。おれは、自分がいる時さえ強ければいいやぁ。。」くらいしか考えていませんでした。


しかし!幹部を引退してからは、
卒業を目前とした今なら尚更!!
萩さんの想いも共感できます。


これからもずっとQUSTは強く、そして魅力的な部活であって欲しいです!!



萩さんのようにチームに大きな変革をもたらす能力はありませんでしたが、微力ながらも自分にできることを探し、やってきたつもりです。

宮崎の代の時も、今の幹部にも、気づいたこと・アドバイスできることがあれば細かく言ってきました。

去年の萩さんや北浦さんの努力を引き継ぐという意味でも、新歓頑張りました。新歓の新たな取り組みも提案・実行しました。

過疎化した箱崎の、2年の、士気を高めました。




なんでもいいんで、自分ができることを見つけてQUSTに貢献してください!そして得たことを引き継いでほしいです!



以上が幹部引退以降、僕が考えていたことです。






話が長くなりそろそろ飽きてきた頃だと思います(笑)


ですが、最後に後輩に向けてもう一言言わしてください!!


この九大水泳部には素晴らしい人がたくさんいます。自分に足りない能力・考え方を持った人がたくさんいると思います。


せっかくこの九大水泳部に入ったんだから、貴重な大学生活の中で多くの時間とお金を費やすんだから、
周りからたくさん吸収して、めっちゃ成長してほしいです!(水泳面でも人間面でも)
今までの自分とは違う自分を見つけてください!!!


僕もこの部活に入って多くのことを学んだし、成長したつもりです。(たぶん笑)
その機会を与えてくれた先輩、後輩、そして同期、全ての人に感謝です!



4年間を振り返ると、やっぱり楽しかった思い出が多いです。携帯の写真を見返しても、QUSTのおもしろい写真や動画ばかりです。
たくさん笑いました。
この部活に入って、4年間続けてほんとに良かった。


今にも卒業しそうな文面になってしまいましたね(笑)
でも、まだ3ヶ月あります!!
残りのQUST生活も全力で楽しみたいと思うので、よろしく!!!



それでは、ステキなクリスマスを🎅



"超越!"
 
スポンサーサイト

9/1(金) いんたいようのブログ

お疲れ様です。久々にブログを書きます、4年の中崎です。関口、もりはる、きょーすけと続き引退ブログ第4弾です。本来は九国前にかけばよかったのですが、すっかり忘れてたのと今がシーズン最後の試合時期(インカレ&裏インカレ)なのでこの時期に書きました。ちなみに、研究室で読者は最初と最後しかみないので最初と最後に肝心な伝えたいことを書くといいと聞きました。参考にしてみます。ちゃっかりタイトルに自分の名前入ってますがそこはおまけです。


それでは今日のメニューに移ります…といいたいところですがメニュー作成の宮﨑がインカレ出場中のため、全体としてはFree Practiceでした。
なので自分のやったメニューを記します。


400 SKPS
25*8 IMO '35
50*8 kick 1'10
1~4 smooth board
5~8 fast no board
100*6 pull 1'40
1~3 minimum stroke
5~6 build up
50*6 swim 1'10
variable sprint*2
50*8 drill 1'00
100*1 dive
50*1 dive
down


 Free practiceといえど、ただ距離を適当に流してdiveするのと自分の弱い点、修正点を意識しながらのupの後にdiveするのでは、当然ながらモチベ的にも体の動き的にも全然変わってくると思います。今日のメニューでは日ごろpullの1回のストロークが短くて余計にストローク回数が増えていたため、一回の動作を長くすることによりスムーズに進むこと、またvariable sprintをいれることで浮き上がりやターン後の動作を意識してやってみました。そして今日一番重点的に意識を置いたのは1年のときから苦手だったdive(主に飛び込み)ですね…。4年生でありながら後輩たちにいろいろ指導受けて、最後(?)の試合前にしてやっと最低限の形になる程度までになりました。今までできなかった理由に身体が極端に固かったってのもありますが、それにしても頭を下げればいいという簡単なことにどうして今まで気づかなかったのか。頭も固かったです。恥ずかしいとの気持ちとともにもったいないという気持ちでしかなりません。試合本番では今までと違うスタートをやって見せます!(失敗してもツッコまないように)


ここから引退ブログ的な流れになります。冗長になるので昔話が嫌いな人は15行くらい飛ばしてください。

 僕はこれまでの水泳歴をあまり人に話していません。というのも、これを見ている人の8割は高校時代クラブやってからの入部と思いますが、僕は中高とクラブに入っていませんでした。高校時代は水泳部に一応入ってたという経歴ですが、みんな揃って同じメニューするどころかメニューも存在せず毎日がFree practiceでした。メニューといっても何が存在するのかわからなかったため、ただサイクルも守らずkickかpullかdiveする…そんな日々でした。目標は試合で半フリ30秒を切ることでしたが、そんな練習で切れるわけもなく(bestが短水路で30.12)で高校時代は終わりました。
 そしてそんな甘ったれた環境で育った僕にとって大学の水泳部は週6でしかもクラブ上がりの人ばかりでレベルが高いと聞き、最初は入るのをためらいました。そんな中、当時2年生だった沖さんが「それでも大丈夫!」と声をかけてくれたのが入部のきっかけでした。最初は実質初めて既に存在するメニュー、しかも全員そろった同じメニューについていけませんでした。ただ、まずは自分のペースに合わせて泳ぎ、またdrillの最中に泳ぎのコツを教えてもらいながら次第についていくようになりました。
 大学で初めて出場した九国、及び学選では30秒に届きませんでしたが、七帝のオープンで初めて、しかも長水路で半フリ30秒(29.50)を切れました。それは決して自分だけの力ではなく、指導してくれた先輩方、練習で励ましてくれた同期のおかげでした。特に熱心に指導してくれた当時4年生の柳さんや江口さんから「おめでとう!」と言われたときの喜びは忘れません。これが真剣にやった部活なんだ、と身に染みて実感しました。

--昔話終わり--

QUSTに入った時点で、スタートラインは明らかに違いました。他の人がクラブで当たり前に経験していたことは、僕にとってはほぼ初めてなものでした。だから感覚のズレもありました。1年時の応援なんて、怒られるかもしれませんが正直やらされているのかな、と言った感じでした。ただ2年生以降は、みんな真剣に練習頑張ってきた、だから真剣に応援したい、そういう気持ちが強まってきました。もちろん自分が応援されているからっていうのもあるけど、何よりbestを出して結果を残して欲しい、入賞して欲しい、その喜びを部員全員で共有したいからでした。それは実際自分がbestを出して喜びを味わった経験があったからこそだったと思います。


 ただ3年後期の時期からは就活に注ぎたいと思い、一時期は水泳を離れていました。今年の5月合宿の自己紹介時に1年生に名前だけ憶えてほしいと言いましたが、その時ははぐれメタル並みのレアキャラになろう程度に思ってました。ただ同期から「試合には出ろ」と言われ就活と重なりつつも出場した佐賀短水路、九国で4年生にして出た種目全部best出すという…。その意味でも出てよかったと思いますし、九国二連覇の喜びもその場で共有できました。勧めた同期には本当に感謝しています!1年生にも名前どころか印象残せましたし。


 ここで、他の4年も伝えたいことを言っているので、僕からも一言。

「尽くされたら、その分尽くしてほしい。」

 これは「やられたらやり返す」みたいな意味ではなく、尽くす対象はその相手のみじゃなくてほかの人でもいいです。例えば、応援されたら、その分その相手にも他の人にも応援してほしい。先輩に奢ってもらったら、その分後輩に奢ってあげてほしい。尽くされたことで得られる喜びは、他の人にも共有してほしい。自分がされたまんまだけではもったいないと思いますので。


 たとえ速いから威張る、遅いから恐縮する、また年齢が上だから偉いなどはなく対等な目線で練習で声を出して励まし合い時にはアドバイスし、試合で一生懸命応援し合えるそんなQUSTの部員が大好きです。一人ひとりに個性がありつつも、優劣を決めず互いに認め合えるのはこのQUSTにしかないと思います。泳ぎ方からマナーまで教えてくださった先輩方、試合の時「bestおめでとう!」って言ってくれる同期、年齢が上でも「この泳ぎこうした方がいいですよ」って遠慮せず言ってくれる後輩たち、ほんっとうにありがとうございます!実際QUSTに支えられたからこそ勉強面でも進路面でも挫折もなくやってこれました。あと半年で練習に参加できなくなるのが非常に残念です…。

これ以上いうと追いコンでする話がなくなりそうですが、後から絶対これ書けばよかった!ってなります。その話を追いコンですることにします。


インカレ組、レース始まってますが引き続き頑張ってください!
裏インカレ組、全員がbest出せるよう励まし合いながら頑張りましょう!僕は半フリ27秒台、1フリ59秒台目指して頑張ります!

P.S.
他の4年生は秋か冬の試合前に書いてくれることと思います。
引退とは書きましたがまだあと半年暇を見つけては練習に参加するつもりなのでよろしくお願いします。
(肝心なこと最後じゃないじゃん!は受け付けません。)

"UP!" 

水泳やっててよかったなか。

こんばんは。4年田中です。こないだ書いたばかりですが、今回は引退ブログなるものです。関口、もりはるに続き第三弾ということでやっていきます。


その前に今日のメニューです。
UP: 10min自由
Dive: 25m*1t
easy 50m
Pull: 25m*4t*3set
1set scull
2set R-L
3set H-E/1t
Kick: 25m*8t*2set
1-2t normal
3-4t 横向きL-R
5-6t 上下逆
7-8t Hard
Swim: 50m*4t*2set
1set des
2set variety sprint
Dive→蹴伸び
Dive: 自由

今日も自由度の高いメニューでした。ちょっと遅刻しました。すみません。余計ですが主将も遅刻してました。


さて、ここからが引退ブログ的なノリになりまつ。
ありきたりですが入学してから今までめちゃくちゃ早かった一方で、3年前とか2年前は遥か昔のように感じます。

僕は水泳部には途中参加マンでした。というのも、最初は大学でそこまで真剣に水泳やることを考えてませんでした。そういう人、けっこういると思います。しかし当初所属してたサークルにはだんだん行かなくなり、バイトもせずプラプラしてる生活の中で、高校時代勉強そっちのけで水泳に没頭してたことを思い出したり、レース出たい欲・リレー組みたい欲が溜まってきて、気付いたら当時の主将・萩原先輩にメールを送っていました。

っていうのが僕がQUST民になった成り行きです。

QUST民になってからもいろいろありました。

大して役にも立たないくせに皆と同じ方向を向くことができず、同期をめちゃくちゃに困らせてしまった"置物幹部"時代(今でも本当に反省している)、練習に全く顔を出さず、就活もせず、毎晩遅くまでアニメばかり観ていた"就活生の幽霊"時代(言い訳しておくと、当時は「自分は就活生である」「就活が近づいている」ということを考えるだけで心が荒んでいく有様だった)。

あの頃は完全に落ちぶれていましたが(今も落ちたままとか言わない!)、いろんな人に引き上げられていま全国公に来ることができています。
練習に行ってないときはそれはもういろんな人に声かけてもらいました。「練習に来い」「泳げ」「試合に出ろ」言い続けてもらえなければぜったい今もプラプラしてました。特に卒コンで酔っ払った相田に「いいかげん試合出てくださいよ(低音ヴォイス)」と言われた時はさすがに ウッ となりました。本当にみなさんのおかげです(ここでとんねるずのみなさんのおかげでしたが始まった21:00)。

だからこそ、前のブログで書いた通り、明後日はQUST背負う気持ちで泳ぎます。
種目は200IMです。確か9歳で初めて試合に出たときもこの種目でした。思い入れがあります。
人生で最初で最後の全国大会、ウルトラがんばります(古い)。水泳でも、そして人間的にも""圧倒的成長""させてくれたQUST、ありがとう!


長々と書いて疲れたのでもう終わります。ちなみに冬も泳ぎます。他の4年の引退ブログもカミングスーンなのでお楽しみに。では。

"UP"
 

8月9日(水) 荷造りしないとやばい

お疲れ様です。4年森です。全国公まであと2日ということで、久しぶりにブログを書かせてもらうことになりました。たいしたことは書けませんがいちおう引退ブログってやつなので暇な人は読んでください。笑
では今日のメニューです。

w-up 400 SKPS

kickswim 75×4 IMO smooth 1'30”
50 no board kick 25 swim
50×4 S1 des 1'10”
25 no board kick 25swim

easy 50

1h
drill 25×8 40”

swim 50×3 S1 1'15” variable sprint
rest 1'15”
50×4 1'30” 自由 (サイクルも本数も変えてok)

dive 100×1 200,400pace
or 50×2 100pace
or 25×2 50pace

down&free practice

2h
pull 50×8 cho 1'20” scull-fast or hard

drill 50×8 1'10”

swim 1hと同じ

dive&down&free practice
ストレッチ

今日は自分で自由に決めるところやfree practiceの時間が多く、それぞれ全国公、裏全国公にむけて調整できたんじゃないでしょうか。

わたしは全国公に出場しますが、わたしにとっては4回目、最後の全国公です。正直去年までで引退するつもりだったので今年も出るとは思ってませんでした笑 しかも、リレーに出れるなんて考えてもいなかったです。でも、4年間で1回でもいいからリレーに出ることがわたしの1年生の頃からの目標だったので、とても嬉しいです(^ν^)
わたしが入部した時は女子スイマーは当時4年生だった先輩1人と、わたししかいなくて、その次の年はわたし1人でした。だから男子みたいに九国優勝とか、学選一部残留とか、チームとしての目標がなくて、わたしはそれが悔しかったです。特に、わたしは高校までずっとクラブに通ってて、(高校でも水泳部に所属してましたが)大学になって初めて部活でチームとして戦う経験ができるのに、部の目標にみんなと同じように向かっていけない感じが、物足りないな〜と感じていました。
でも今年は女子が4人揃って、リレーにでたり、九国で団権とるとか七帝で去年より順位あげるとか、みんなとおなじ目標をもって試合に出たりっていう経験ができて、今までで1番楽しい夏でした。3年後期はほぼ泳いでなかったけど、4年の夏まで泳いでよかったなって思います。一緒にリレーに出てくれた3人をはじめ、同期や後輩、和方さん、応援してくれる先輩方やOB,OGのみなさんには本当に感謝しています。ありがとうございました。


九大水泳部は男子は今年九国2連覇して、強い部活になってきてると思うし、これからもより強いチームになってくれると信じてます。女子は来年どうなるかわからないけど、また女子部員が増えて、リレーに出れて、男子だけじゃなくて女子ももっと強いチームになっていってくれたら嬉しいな〜と思います。勧誘がんばってね!卒業してもずっと応援してます〜
最後に一言、4年間楽しんでください!みんなそれぞれ目標あると思うけど、楽しむことは忘れないでね。それと、その先の進路のこともとかもあると思うけど4年間泳ぎ続けることをオススメします!笑

長くなりましたが以上です、そろそろ荷造りします

全国公組は明日出発して日曜日まで楽しみましょう(^○^)裏全国公組もがんばろう(^○^)
あと、引退ブログ書きましたがあと半年泳ぐつもりなのでよろしくお願いします笑

”UP!”
 

7/7(金) 元主将最後のブログ

思うんですけど、

二部の優勝杯、返還しなくてもいいんじゃないですかね。

向こうだって返還されても必要ないと思うし。

僕たちで飾ってた方がよくないですか?

と、運営側に言うわけにもいかず、昨日は一年生に「優勝杯忘れないように」と指示を出してしまいました。

お疲れ様です。4年の関口です。

ブログ書くのはかなり久しぶりな感じがしたので

最後に書いたのはいつか確認してみたら、

去年の七大戦前日までさかのぼりました。

去年は七大戦、今年は学選前日のブログを担当できて光栄です。



久しぶりなぶん、たくさん話したいことがあるんですけど!

まずは、先週大会でたひとお疲れ様でした。

ベストばんばん出てましたね。

結果が良かった人はこの流れにのって、

微妙だった人は来年以降へのステップと考えていいんじゃないでしょうか。

(4年からしたら、来年まだチャンスあること自体が羨ましい)

人生ポジティブにいこうぜ~



個人的な感想としては、チームBaが大健闘で非常に嬉しかったです。

相田は昔から言っていた全国公団権を2種目切れたし、

上薗は浪人明けできついところを団権200Baでよく切ったし、

りょうがは(先週末は出てないけど)九国ではベストで泳いだし、

かずまも200Baに転向するみたいだし。

いいよ。チームBaいい流れきてるよ!

これもリーダーである僕のおかげですかね。(何もしてない)

学選でもチームBaの力を見せてやりましょう!!



さて、今日のメニューです。





W-up 400 SKPS

Swim 100*4 cho 1’30’’- smooth

Sprint 7m dash*4

1h
Drill 50*8 1’10’’

50*4*2 1’30’’
1s Des
2s 自由

→down

2h
Pull 25*16 40’’
1,2t scull
3,4t 片手
5,6t 片足上げ
7,8t hard
*2set

Kick 50*6 1’10’’
1-4t last 7m under water
5,6t H/E by 25m

Drill 50*8 1’10’’

Swim 50*4*2 1’30’’
1s Des
2s 自由

Dive, free practice, down





学選前最後の練習でした。

僕は大会前はなるべく泳ぎたくないひとなので、

Desは1RP(200)/1E,

自由は1t 最初の15H, 2,3t ターン前後15H, 4t 最後の15H

でいきました。

みなさんは大会前のメニューはどうこなしていますか?

メニューの直前になって「ああ、何しよう決めてない。やばもう出なきゃ。」

と中途半端に泳いでしまってませんか?

それはただの体力の消耗です。

自分の考えに基づいて、レースに即した練習をしてほしいと思います。



僕は練習前にあらかじめどう泳ぐか決めてますが、

匠は調子を見ながら決めてるようです。

自分が考えた上での判断ならどっちでもいいと思います。

もうメニュー始まっちゃったからだらだら泳ぐ、というのは

大会前の貴重な練習時間がもったいないです。

何泳げばいいかわからないなら、周りの人に聞いてみてください。

加茂は前回の日曜ブログにfree practiceの内容を書いてましたし、

萩さんに聞けば「もう十分です…」てこっちが言いたくなるぐらい教えてくれると思います。






引退前最後のブログということで書かせていただきます。

そうなんです。引退なんです。

こないだ入部したのに。

水泳部員の中には、入学前から入部を決めていたか、

新歓期で入部を決めたかの二つに分かれますが、

僕は前者でした。

絶対水泳部に入りたかった。

前期試験を福岡で受けた後、翌日には高校水泳部のみんなと泳いでいました。

別に合格してないのに。むしろ予備校探しに翻弄していたのに。

でもなぜか、プールに戻ってました。

なんででしょうね。

やっぱり水泳好きなんですかね。

それで、めでたく九州大学に合格して、入学式。

今あるのぼりもTwitterも当時はなかったので、なんとか水泳部のジャージを見つけて

(その時の萩さんはとてもだるそうにしてました。)

自分から声をかけたのを今でも覚えています。




時は流れて、現在。(長くなりそうだったので途中は省きます)

僕が入部してきたころに比べたら、今の九大水泳部ははるかに強くなりました。

僕が入部したときには、200Brで2’13’’、100Frで51’’98なんて信じられません。

QUSTにそんなメンバーがいることが嬉しいし、

チーム全体が強くなってることも驚きだし、

何より大会でみんなと一緒に戦ってるとわくわくします!

あいつはええ。

あいついいじゃん。

あいつならやってくれる。大丈夫。…ほらああ!!よっしゃあ!!!!!(宮﨑九国200Fly決勝)

でもね。僕も努力はしてるんですよ???

高3の短水100Baベスト。1’04’’72。

現在の短水100Baベスト。58’’32。

6秒更新。拍手。

すいません。自慢やめます。






引退ブログを機に、僕からチームのみんなに伝えたいことがあります。

それは、僕の行動指針でもあるのですが、




「自分が正しいと思うことをしろ」




です。

これまで多くの選択をせまられる場面があったと思うし、

これからもその場面が続くと思います。

自分の選択に誇りを持っているひともいれば、

後悔している人もいると思います。

そこで、多くの選択をするとき、この指針があれば後悔しないで済むように思えるのです。


身近な例で考えてみましょう。

時は学選2週間前。

あるとき仲のいい友人にカラオケに誘われたとします。時間は22-25時。

ちょうどカラオケ行ってなかったし、その友達の誘いだから断りたくもない。

大会も2週間前で実際休もうと思えば休める。

そうはいっても学選2週間前。追い込むには今の時期が一番大切。疲れは残したくない。

みなさんならどっちを選びますか?


実はこれ、僕にあった本当のシチュエーションなのですが、

僕は水泳を選びました。

僕の性格上誘われたら断れないタイプで、断りの文章をうつのは心苦しかったし、

相手の反応も見たくなかったです。

でもやっぱり水泳は誰にも譲れなかった。

大学水泳の集大成のレースに妥協したくなかった。

このとき自分の正しい行動は「水泳」だと考えました。



面白いのって、正しいと思ってることって人によって違うんですよね。

さっきの例の場合、水泳が正しいと考える人もいれば、

カラオケに行くのが正しいと考えるひともいるかもしれない。

自分が考えていることが相手には当てはまらないこともあります。

そのときには逃げないでください。

意見を交わしてください。

そして視野を広げてください。

視野を狭めてしまって「自分はこれが正しいと思う!」と言い張っていては

周りから人がいなくなってしまいます。





一つ注意してほしいことがあります。

自分が正しいと思ったことには必ず責任が伴うということです。

自分が選んだことはすべて自分の責任なのです。

それは忘れないでください。











プレッシャーかけすぎましたかね。











さて、追いコンで言う内容がなくなってしまいました。

また考えます。








水泳部での生活は本当に楽しかった。

就活するときに、今までの人生の出来事を振り返るんですよね。

大学生活何してきたんだろうと振り返ってみたとき、

水泳部での出来事しか思い出せなかった。

セミナーの先生からは「水泳のエピソードが多すぎる」と指摘されたほどです。

水泳だらけのエピソードに疑問すら抱きませんでした。

大学4年間の思い出は水泳しかないんだもん。しょうがないじゃん。

それ以外何もしてこなかった。

それが楽しかった。





この4年間でよかった。

ベストは更新できるし、去年は優勝できたし、今年は二連覇できたし、





最高の仲間に恵まれ、



最高の大学水泳生活でした。




最後になりますが、



OB, OGの皆様、



先輩方、



後輩、



同期、



和方先生、



関わってきた全ての人たち、



ありがとうございました。






ラストレースの応援、





どうぞよろしくお願いします。








''UP''